SSブログ

この素晴らしい大地に捧ぐ思い [育児]

今回のブログは本題に辿りつくまで少し長い。
本題は、この素晴らしい大地に捧ぐ思いを
清里の紅葉を空撮で見て感じたという内容。

故星野道夫氏が愛した島の1つにハイダ島がある
カナダ名をクイーンシャーロット島という。
私はこの島に10年ほど前に訪れたことがある。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

未来は手づくりが一番価値を持つ [非日常]

情熱大陸でも紹介された、吉岡徳仁氏。
現在、森美術館で開催中の「ネイチャー・センス展」
で吉岡氏の作品が1st roomに展示されておりました。
これは正に、正しく必見でしょう。
今年No.1の展覧会。

部屋に入るとこんな感じ
DSC02193s-.jpg
吉岡徳仁「スノー」2010年 フェザー
by-nc-nds-.jpg
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利・改変禁止2.1日本」ライセンスでライセンスされています。


続きを読む


nice!(1)  コメント(1) 

万骨枯る [日常]

一将功成りて万骨枯る(いっしょうこうなりてばんこつかる)
大変お世話になっている方から聞いた句である。

一人の将軍の輝かしい功名の陰には、
多くの兵士の痛ましい犠牲があるということ。
指導者・代表者ばかりが功名を得ることを嘆く言葉。
功名を徒(いたずら)に指導者だけのものとする
ものではないという解釈。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

Jr.の目にしかと映った ―おなら本― [本]


おならうた

おならうた

  • 作者: 谷川 俊太郎
  • 出版社/メーカー: 絵本館
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 大型本



それにしてもすさまじい絵である。
はじめのページのさつまいもの描写が絶妙。
栗おやじの顔は栗似。

なんて愉快なんだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

デジタル + 一眼 の記憶 [日常]

吾輩は、ソニー製のデジタル一眼である。
名前はNEX-5という。

DSC00051s-.jpg

NEX-5に装着してあるのは、
フォクトレンダーのカラースコパー21mmF4
レンズフード付き
http://www.cosina.co.jp/seihin/voigt/v-lens/v-l-m/l-21/index.html

続きを読む


nice!(1)  コメント(3) 

どこかにいきたいと おもったことはない [本]

むかしから ずうっと ここにたっている
どこかにいきたいと おもったことはない

ずっとじゃなくて、ずうっと
昔じゃなくて、むかし


こやたちのひとりごと

こやたちのひとりごと

  • 作者: 谷川 俊太郎
  • 出版社/メーカー: ビリケン出版
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 大型本


続きを読む


nice!(2)  コメント(1) 

都会は森の恋人 [日常]

この前のブログで取り上げた栃の実だが、
いただいてから3日が経過、徐々に水分が抜け、色も黒ずんで
きた。早く植木鉢植えなければとは思っているが、
都会では土すら容易に手に入らない。
情けない話しだが、明日にでも園芸ショップなどで
買ってこようかと思う。

今回、栃の実を手の上で感じながらあるプランを思いついた。
里親になって苗を育てて、それを森に返す
ことがひとつのムーブメントになれば
楽しいなということである。都会生活者が森と繋がる
(森は海の恋人 by畠山重篤さん の都会版)
きっかけにもなる。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 

おもいで栃の木と自然のぬくもり [非日常]

栃の木には思い出がある。
Jr.が産まれたときに、庄内のIさん
ご夫妻が栃の実のお餅を送ってくださった。
それはそれは自然の香りがして最高の食材に
巡り合えた感動を妻と味わうことができた。

あと、よくこのブログで紹介する蜜蝋の安藤氏 
(ハチ蜜の森キャンドル)。
http://www.mitsurou.com/

続きを読む


nice!(1)  コメント(1) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。