SSブログ

Jr.の気持ちに寄り添うということ [育児]

Jr.の気持ちに寄り添うということ、それは大事なことである。
いつもと変わらない、保育園からの帰り道。

国道沿いの信号待ち。JRの駅の方から「ピポパー」の音。
そうJr.が好きな救急車の音が聞こえてきた。

前を救急車は通りすぎ、道をそれて、脇道へ。
家の近くには、大きな病院があり、そこに救急の患者の方を搬送する
ところなのだろうと思う。
DSC07146s-.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:育児

おぼえるのぉ・ことば [育児]

おぼえるのぉ・ことば
まさにいまのJr.の心境であろう。
2才を迎え、格段に単語が増えた。
未だに父をママ、母をパパというのは愛嬌か。

観察していると、あるパターンに気づく。
人のいっていることをオウム返しすることが多い。
こうして、よく耳にする単語は無論のこと、
はじめて聞くことばも脳がその新鮮さに刺激を感じ、
まだ真新しい脳内ページに、言語取得担当者が
ことばひとつひとつをノートに書きとめているのだろう。
DSC06683s-.jpg

担当者はその道では達人なのだが、
父をママと書きとってしまうミスはまだしばらくは続きそうである。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

さいきん、これにはまってマシュ [育児]

ぼくを愛してやまないみなさま
さいきん、ぼくはこんなことにはまっています。

ママが自家製ということで、大好きなママ、じゃなくてパンを
やいてくれます。
DSC06149s-.jpg

そのパンはレーズンが入っているのですが、
パンはまったく食べずに、パンの表面やら、深層にかくれている
レーズンを取ってたべるのでシュ。

パンをたべなければ、レーズンは食べちゃだめというママの
声など、一切聞こえないフリをしてマシュ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

自発的興味と受動的それ [育児]

最近やたら、しゃべるようになったJr.

DSC06058s-.jpg でも半分は何を言っているかわからない。でも語尾に「~なのぉ」などが付くと、 「これはXXである」というのを主張しているというのがわかる。 昨晩の雪が道につもり、普段とは家を出る時間も、手段も違った今日の朝。 雪を触るも、冷たかったのか、それ以上は触ろうとしなかったJr. こちらが多少、促したこともあるが、これはある意味、自発による興味、 対象物雪、ただし冷たくもありさらなる興味わかず、、、といったところ。

それから、それから


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

微熱で、様子見でござる [育児]

朝、ちょっと熱いなということで、Jr.の体温を計ったら、37.3℃。
保育園からの呼び出しラインは37.5℃なので、交代で面倒をみることにした。

最近のJr.のヒットは、ミニカーの縦列駐車?並べ。
今日も正座して取り組んでいた。
正座は遊びの中から覚えたと言えよう。だって親は教えてないもの、、。
DSC05862.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

BRIOな玩具論③ 親の知恵が試される [育児]

BRIOな玩具論② 宴のあと
で大人による
遊び提案が大切だなぁということについて書いてみた。

今日はJr.が最近全然遊ばずに、おもちゃ箱に入った
ままになっている野菜シリーズ(画像のにんじん参照)で遊んでいた
ので、これをBRIOの荷台に載せてJr.に見せた。
DSC05778.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

BRIOな玩具論② 宴のあと [育児]

宴のあとである、Jr.にとって。
DSC05410.jpg

先日のブログで、壊すことについてすこし書いた。http://boar.blog.so-net.ne.jp/2010-12-29

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

大事なことなれば [育児]

大事なことなれば、書き記す。

今日、妻が、「今日のJr.はいい顔をしている」という。
わたしには、昨日と今日のそれの違いわからず。

妻には感じるところがあったのだろう。

顔が緊張していないのだという。

昨日は平日=保育園。
今日は休日=休園日。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

おとなの時間 こどもの時間 [育児]

大人はダメである。
すぐ結論を出したがる。

先日、仕事で子役に演技してもらった。
緊張していたのか、監督の指示に首を横に振り、
「できない」の素ぶり。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

両腕でも辛し [育児]

「Jr.くん年が明けたら、重くなりましたねぇっ」
と、保育園で先生からよく言われる。

毎日一緒にいると、その変化が如実にはわからないが、
確かに重い。
正確には図っていないが13kgといったところ。

いままではわたしでも、Jr.を抱いて少しの距離は歩けた。
ただ、先日ぶらぶら抱いて歩いていたら、もうまわりの景色を
楽しむ余裕はなく、次にどこで休憩しようか、いつJr.を
下ろそうか、そればかりを考えるようになってしまった(笑)。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。